Japanese Society of Silk Science and Technology
 
COUNTER51726
日本シルク学会は,シルクに関する研究者,専門家,工房関係者,シルク関連企業・団体,さらにシルクに関連する博物館やシルクの愛好者・消費者が一同に会する学会です.中国,インドを含む海外の会員も活躍しています.シルクの持つ可能性や人間の関わりなど,シルクの未来を志向しながら,共にシルクに関する情報を世界に向けて発信して行きたいと考えています.
 

日本シルク学会 事務局

東京都新宿区百人町3-25-1
(財)大日本蚕糸会蚕糸科学研究所内
silkgakkai@jssst.org
 

学会の活動,プロジェクト

日本シルク学会では、次のようなプロジェクトおよび活動を行っています.


製糸技術保存事業
平成12年から平成18年の6年に渡り,(財)大日本蚕糸会からの研究助成金により製糸技術保存事業を行いました.その成果を,全8巻からなる技術書として出版いたしま
した.

国際協力
多くの会員が中国,インドを始めとしたアジアの国々やブラジルなどで海外のシルク技術向上のために国際協力を行っています.中国で2~3年に一度開催される国際シルク会議に多くの会員が参加しています.

日本シルク学会研究発表会
毎年1回大勢の会員が参加し,東京を中心とした会場で日本シルク学会の研究発表会と総会が催されます.日本のシルク関係者が一同に会するとともに,中国を中心に海外からも発表があります.

日本シルク学会誌の発行
年に1回日本シルク学会誌を発行します.研究論文とともに日本シルク学会研究発表会の講演要旨が掲載されます.この内容は電子ジャーナルとしてJ-STAGEからインターネットを介して世界に発信されています.