Japanese Society of Silk Science and Technology
 
COUNTER56682
日本シルク学会は,シルクに関する研究者,専門家,工房関係者,シルク関連企業・団体,さらにシルクに関連する博物館やシルクの愛好者・消費者が一同に会する学会です.中国,インドを含む海外の会員も活躍しています.シルクの持つ可能性や人間の関わりなど,シルクの未来を志向しながら,共にシルクに関する情報を世界に向けて発信して行きたいと考えています.
 

日本シルク学会 事務局

東京都新宿区百人町3-25-1
(財)大日本蚕糸会蚕糸科学研究所内
silkgakkai@jssst.org
 

第65回日本シルク学会研究発表会・通常総会のご案内

 第65回日本シルク学会研究発表会・通常総会のご案内

 第65回日本シルク学会研究発表会・通常総会を下記のとおり開催いたします。つきましては、多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 なお、大会会場は、桐生市市民文化会館にて2日間の日程で開催を予定しております。研究発表会での活発な研究情報の交換に加え、交流会でも是非親交を深めていただきたいと考えております。

               記

1.    会 場
  研究発表会・通常総会:桐生市市民文化会館4階 スカイホールB
             群馬県桐生市織姫町2-5 TEL 0277-40-1500
  交流会:桐生市市民文化会館4階 第1会議研修室

2.    開催日時 
  平成30年4月26日(木) 13:00~17:30 研究発表会・総会・受賞者講演
             18:00~20:00 交流会
  平成30年4月27日(金)  9:00~12:00 研究発表会

3.    参加費


4.研究発表会への参加登録
  研究発表会の参加には事前参加登録が必要です。研究発表会参加申込書により、平成30年4月20日(金)までにメールまたはファクスにて参加登録されますようお願いします。

 第65回日本シルク学会研究発表会参加申込書(word)

5.研究発表会講演申込み
  1. 研究発表会での口頭発表を希望する場合は、講演申し込みが必要です。
  2. 口頭発表の資格は会員に限ります。なお、共同発表者に非会員を含むことは差し支えありません。
  3. 発表者は要旨原稿を作成していただきます。要旨原稿は下記の記入例に従って作成し、研究発表会参加申込書および講演申込書とともに平成30年2月28日(水)までに送付願います。
  口頭発表要旨原稿記入例

6.口頭発表について
  1. 講演時間は1課題につき質疑応答を含めて15分間を予定していますが、講演課題数により講演時間を変更する場合があります。
  2. 当日は事務局で用意したMicrosoft PowerPointをインストールしたパソコンをお使いいただけます。講演者は必ずウイルスチェック済みのUSBメモリなどに保存したファイルを持参してください。なお、各自パソコンをご持参いただき使用することも可能です。
7.交流会 
 1日目の研究発表会・通常総会の終了後、18時から桐生市市民文化会館4階第1会議研修室で行います。

8.エクスカーション
 2日目の研究発表会の終了後、13時00分(予定)に桐生市市民文化会館前駐車場に集合し、貸切バスで移動予定(参加定員20名を予定)。参加費は無料ですが、事前登録が必要です。また、エクスカーションのみの参加は不可です。
 見学先:桐生織伝統工芸士 泉 太郎 氏 工房 他

9.参加申込書・講演申込書・要旨原稿の送付先 
  E-mail: 65taikai@jssst.org または Fax: 0277-30-1412
  第65回日本シルク学会研究発表会実行委員会事務局(問い合わせ窓口)
  〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
        群馬大学 理工学部 環境創生部門
  担当:河原 豊  Tel:0277-30-1491, E-mail: kawahara@gunma-u.ac.jp

会場へのアクセス
 桐生市市民文化会館
  〒376-0024 群馬県桐生市織姫町2-5;TEL: 0277-40-1500
<電車の場合>
 東北新幹線ご利用の場合  小山駅乗り換え 両毛線桐生駅下車 徒歩9分
 上越・長野新幹線ご利用の場合  高崎駅乗り換え 両毛線桐生駅下車 徒歩9分
 東武線ご利用の場合 特急りょうもう号にて新桐生駅下車 タクシーで5分
<車の場合>
 ◆太田、伊勢崎より約40分 ◆前橋より 約45分
 ◆高崎、熊谷より約60分  ◆佐野より 約50分

  会場案内図